草取りと庭木の伐採は業者依頼が安心・確実!~最適な時期に~

草取りは雨の後が良い?!作業効率を上げるために

綺麗な庭にするためには伸びる前に草取り作業をしよう

草取りは、根が深くなるとその分作業に時間と労力が必要になります。草が細くて取りやすい時期に草取りをしましょう。夏場など日差しが強いときは、作業中に水分とミネラルを失って脱水症や熱中症になりやすいため十分注意が必要です。定期的に行なえば、草取りの作業も短時間で済むでしょう。体力に自信のない人は、草取りを行なっている業者に相談すると良いです。

草取り作業に最適な時期とは

最適な時期に草取り業者に依頼することで、作業回数を減らすことができます。では、いつ行なえば良いのかを草取り業者に聞いてみましょう。

天候は草取りに関係しますか?
草は雨が降った後に勢い良く伸びます。雨が降った後に晴れが続くと、成長が早くなります。雨の中には大気中の窒素が溶け込んでいるため、それが成長を促すのです。雨が降りそうなときは少し待って、雨が降った後に草取りを行なった方が効率が良いと言えます。草を根っこから抜きたいときも、雨降り後の方が地面が柔らかくなっているため、少しの力で抜くことができます。
一年でどの時期に草取りをしたらいいのですか?
草の成長が早い時期は主に7月です。7月後半から8月に掛けて、あえて伸ばしておき一気に草取りを行なっても良いでしょう。そうすれば、7月下旬に入って再び草取りを行なう必要がありません。草や庭木の枝は常に成長しています。草取りや庭木の剪定を行なう際は、目的に合わせて時期を見定めましょう。草取りのタイミングを待ちすぎると、作業がしづらくなってしまうこともあるので、ケースバイケースで行なうことも大事です。
草刈り

草取りを行なう際は、適切な時期を見計らって実施しましょう。そうすれば、効率良く草取りができます。見極めが難しいという人や忙しいという人は、草取りや庭木の剪定を行なっている業者に相談すると良いでしょう。適切な時期に効率良く草取りを行なってくれます。

庭木の伐採は下刈り時期が重要

「下刈り」の目的で草取りを行なうことがあります。下刈りとは、苗木を正しく成長させるために、成長を邪魔する周りの草木を取り除くことです。下刈りを行なうことで、日当たりが良くなり、形質劣化と枯死を防ぐことができます。除草剤を使用して行なう場合もあるため、専門知識とスキルを持った業者に依頼すると良いでしょう。庭木の伐採は、しっかりと計画を立てて万全の準備をして作業を行なわないと危険です。下刈りに適した時期を業者に相談して、正しく行ないましょう。

TOPボタン