草取りだけではない!庭木の剪定や伐採も依頼しよう

草取りは雨の後が良い?!作業効率を上げるために

草取り業者は庭木の剪定や伐採にも対応

草取り業者が行なっている草取り以外の様々なサービスを紹介します。庭木の剪定や伐採を検討している人は、草取りと併せて考えると良いでしょう。

庭木の剪定
業者の中には、樹木医のいるところがあります。そういう業者に草取りを依頼したり庭の状態を見てもらったりすると、庭木の剪定や伐採の適正時期も教えてくれます。病害虫の被害に遭っている庭木を放っておくと、周りの庭木や植物にも被害が広がりやすくなるのです。庭木の剪定や伐採時に、消毒を施すなどの必要手順踏んでくれるので、確実に庭木の状態を良くすることができます。
庭木の伐採
樹木医のいる業者では、古木や病害虫による被害で回復の難しい木の伐採も適切に行なっています。経過観察を行ない、危険を早期発見できるので倒木の危険性を回避できます。倒木する危険性のある木を放置しておくと、台風や強風などで倒れる恐れがあるのでとても危険です。幹内部の診断を行なってくれる業者に庭木の伐採や剪定を依頼すると安心です。

庭木の伐採業者が語る作業が必要な時期

庭木の伐採が必要な時期を見極めることはとても大事なことです。庭木の剪定・伐採を行なっている業者の意見を見てみましょう。

枝打ちには最適な時期がある(50代/伐採業者)

庭木の枝打ちは、早春の新芽の吹き出す前頃までと、紅葉のはじまる頃から雪が降る頃までです。7月以降は組織もしっかりするので、傷がつきにくくなります。枝打ちはこの時期に行なうのがベストです。新緑の頃から梅雨明けの時期までは形成層の細胞分裂が盛んになっています。このときに傷を付けてしまうと、形成異常を起こしやすくなるのでできるだけ避けましょう。

冬は雪起こしが必要になる(40代/伐採業者)

雪起こしは積雪によって倒伏した幼齢木を起こし、縄などで固定して育てる作業です。この作業をしっかり行なわないと、幹に肥大化が起こり、元に戻らなくなります。そのまま放置するのではなく、作業が必要な時期を見て、行なわなければなりません。

TOPボタン